「製品需要の不振」「現地パートナーとの不調和」「管理人材の確保困難」の三つを主な理由として挙げる事が出来ます。
逆に、上記三つをクリアすれば、撤退の危機からは遠くなると言えます。
また、中には成果不振による撤退だけでなく戦略的な撤退も含まれておりますので、現状の課題見直し等の必要をお感じになった場合はお問い合わせください。
AICAお問合せ先

Posted in: 海外進出に関するよくあるご質問