お金の支給元が<国や地方自治体>であること、お金の支払い時期が<後払い>であること、<返済義務がない>こと、は共通ですが『補助金』については、<補助金を使い事業の必要性を書面で明示する事>と<事業に使った事を証明する書類の整備>が必要です。

Posted in: 海外進出に関するよくあるご質問