海外進出のステップ

●STEP 1 | 海外進出目的の明確化

海外進出の目的、進出の必要性を十分に検討します。
生産コストの削減、取引先からの要請、新規事業の立ち上げなど自社の事業戦略の中での位置付けを明確にすることが重要です。

●STEP 2 | 海外進出先の検討

海外展開のためには、現地の詳しい情報を収集し、下記の項目もふまえて現地でビジネスの展開可能性を比較・検討いたします。
・法制上進出自体は可能なのか?
・外資規制はどうなっているのか?
・政治・経済面でのカントリーリスクは?
・人件費・労働者の確保と質は十分か?
・現地で信頼できるパートナーはいるのか?

●STEP 3 | 海外での事業展開計画策定

進出先が決定して海外展開のイメージがつかめた後は事業計画を立てます。進出後2~3年で黒字にするための事業計画をしっかり立てることが重要です。

●STEP 4 | 国内での予備調査と現地調査(フィージビリティスタディ(FS)

現地調査(海外でのFS)
具体的な候補地を決めたら、現地に行って、生の情報を得ることが重要です。
国内で検討した事項が合致しているのかを検証し、海外展開の可否とリスクの存在を見極めます。あわせて現地のパートナー・取引先候補ともビジネス展開についてしっかりと相違がないのか確認します。

●STEP 5 | 最終的な意思決定

STEP3、STEP4を何度か検討した後、最終的な意思決定を行い社内プロジェクトチームを発足させ、詳細な実行計画を策定します。現地にスタッフを派遣し、拠点設立手続きへと進んでいきます。


投稿カテゴリー: 海外展開いろは. Bookmark the permalink.